2018年9月7日

お葬式の準備を自然に進め、賢く節約する方法


基本的には、病院などで亡くなった場合、葬儀業者が病院側からその連絡を受け、お葬式の打ち合わせを始めるということが多いのですが、悲しみに暮れている時にそういった話が急に来て、言われるがままにオプションなどを付け、結果想像よりも高額なお葬式になってしまったということが非常に多いです。

それを避けるためには事前に両親などと、どのようなお葬式にして欲しいかを話し合う必要があります。

ただ、お葬式について話すと、亡くなるのを待っているように捉えられかねません。実際そういう話をしたくても、できないという方が多いのが現状です。

そこでおすすめしたいのが、CMやテレビドラマのお葬式の場面を使う方法です。

家族でテレビを見ている場合、お葬式の場面になると、最近では思い出の写真がスライドショー形式で流れるなど、現在のお葬式の知識について話してみましょう。それに対し、関心を示したら、自身のお葬式はどのようにしてほしいかという話に移行しやすいです。

もし、家族と離れて暮らしていて、電話でそういう話をしたい場合は、友人や知人などお葬式に参加した時の話を持ち出すと良いでしょう。

あの時のお葬式は、お坊さんの話がよかった、祭壇が豪華で良かったなどの実例を挙げた上で、私の時も同じようにして欲しいと自分の話をまず先に出しましょう。

そうすると、相手がまずは自分の番であるというような話になるので、そこでどのようなお葬式がいいのかという話に進みやすいです。

その後は、事前に決めていくのですが、ご高齢になるとインターネットで調べたり、電話で詳細を尋ねたりすることが面倒になります。そのため、できるだけ自分自身で調べ、紙媒体でプレゼンをしていくことが大切です。

現在では、インターネットでお葬式の費用の比較も簡単にでき、プランの詳細も調べることができます。

ただ、こういうお葬式がいいということをすぐに説明するのではなく、もし今準備をしておかないと将来私自身が相続やお葬式の費用など、こういったことで困るという具体例を指摘しましょう。子供に迷惑をかけたくないと考え、お葬式の準備に前向きになってくれるでしょう。

積極的になってきたところで、プランの詳細などを簡単に説明すると良いです。

ただ、あまり細かく説明しすぎると営業マンのようになってしまうので、こういう便利なプランがあるといった簡単な説明だけをするようにしましょう。

ある程度のプランが決まったら、ご自身でその決定したプランを葬儀会社に伝えることで、準備を進めることができます。これは、費用を積み立てるという形で準備が始まるので、早すぎるということはありません。

むしろ早くから準備していくことで、積み立てる月々の費用を安く抑えることができるでしょう。