2017年8月15日

DHA&EPAオメガプラスの健康パワー


EPAとDHAの健康効果

DHA&EPAオメガプラス
健康に欠かせない成分としてよく耳にするEPAとDHA。このEPA(エイコサペンタエン酸)と、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸は、LDLコレステロールや中性脂肪を減らし、HDLコレステロールを増やすという非常に優れた作用を持っています。

EPAとDHAはどちらも生活習慣病の予防に効果を発揮したり、並べて記述される事が多い為、同じような成分だと考えている人も多くいますが働きかける場所や効果には若干の違いがあります。

DHAの働きには血管や赤血球の膜を柔らかくし血流を良くしたり動脈硬化の予防に効果があります。EPAは血小板に作用して血栓症の抑制を助ける効果があります。

DHAとEPAは摂取されるとどちらも小腸で吸収され肝臓を通り血液に入ります。そしてEPAは血液に作用し血栓や中性脂肪を減らす効果を発揮します。

DHAは血液に乗って脳まで送られ血液脳関門も通過し神経系の細胞や脳、血液網膜関門を通り網膜まで送られ、記憶力や学習能力の向上、視力を良くするなど神経系の活動を助けます。

EPAとDHAはどちらも血小板凝集を抑える働きを持っていますが、EPAは主に男性、DHAは主に女性の血小板凝集に働きかける力が強いようです。

EPAとDHAが『血液サラサラ成分』といわれるのはこの働きによるものです。血液や脳や心臓、人が生きるために大切な部分の活動を積極的にサポートしてくれるのがEPAでありDHAなのです。

亜麻仁油の健康効果

これら健康に良いEPAやDHAに最近人気の亜麻仁油が加わりました。この亜麻仁に大量に含まれるα-リノレン酸は体内で吸収されると一部がDHAやEPAに変化する作用を持っています。

それ以外にも亜麻仁油には細胞の機能を高めたり、血液中の脂質濃度を低下させる、コレステロール値の改善、認知症の予防などの効果も期待されています。

もっともEPAやDHAと似たような作用だけではありません。亜麻仁油には更にアトピーやアレルギーの改善や予防、便秘の改善ダイエット効果、そして女性にとっては特別と言える女性ホルモン調整作用があるのです。女性ホルモン調整作用で妊活や更年期障害の改善などの効果も期待されています。

またリグナンには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果も期待されています。

アスタキサンチンの効果

良いことずくめの3つの油成分ですが、欠点もあります。それは非常に酸化しやすい事です。酸化の進んだ油成分は活性酸素という有害物質が含まれ逆に身体を蝕んでしまいます。酸化しないようにする事が重要な課題なのです。

そこでアスタキサンチンの登場です。アスタキサンチンはカロテノイドと呼ばれる天然の色素の1種で強力な抗酸化作用を持っています。

またアスタキサンチンは単体で摂るよりも様々な栄養素と一緒に摂る方が効果的と言われています。このアスタキサンチンとEPA、DHA、亜麻仁油を一緒に摂る事で効率よく身体に良い栄養素を吸収する事が可能です。

クリルオイル

南極の海中に住んでいるオキアミから摂取出来る油脂でEPAやDHA、さらにアスタキサンチンも含まれている注目のオイル。オキアミは極寒の地、南極海で暮らす生物の命を支える重要な栄養素です。

オキアミを食べることにより寒い海でも細胞の1つ1つが正常に活動を続けられると言われています。いわばこのクリルオイルは命を支える源なのです。

DHA&EPAオメガプラスはこれら健康に欠かせない成分を効果的に摂取出来る贅沢仕様のサプリとなっています。