2017年4月28日

格安simの中でも低料金で人気のイオンモバイルについて


格安simという言葉のsimとは、携帯電話に挿入して使用するsimカードの事です。simカードは、携帯電話の電話番号や回線情報といった携帯を識別する重要な情報を記録する媒体として機能しています。

そんなsimカードを、ドコモやAU、ソフトバンクといった大手キャリアがこれまで独占してきた回線を別の業者が利用することで、大手より安く販売しているのが、この格安simなのです。

格安simの登場によって、これまでよりはるかに安い携帯料金を実現することができるようになりましたが、参入する業者がどんどん増える中、料金やサービスの多様化が進んでいます。

そんな中、2016年2月に、誰もが知っているあのイオンも格安sim業界に参入を果たしました。

今回は、今人気の、イオンが提供するイオンモバイルについて紹介します。

低料金かつ、全部で29種類のプランがある

イオンモバイルには、音声通話、データ通信、SMSの3つのサービスを利用することができる「音声プラン」と、データ通信専用(プラス140円でSMSも)の「データプラン」があります。

また、携帯を複数持っていたり、家族みんなで契約したりする場合に便利なシェア音声プランもあります。

「音声プラン」は、最も安いプランで月々1180円、「データプラン」は、最も安いプランで月々480円となっており、この金額は業界でも最安値クラスとなっています。これなら、携帯の利用目的などに応じて自分に合ったプランを選ぶことができるでしょう。

料金プランは全体で29種類もあり、ニーズに応じて細かく選んでいくことができるのもありがたい点です。

お得な安心パックと200店舗以上で受けられるサポートが魅力

イオンモバイルには、加入すると安心のサービスを受けられるオプションがあります。それは、イオンスマホ安心パックです。

この安心パックには、「イオンスマホ安心保証」、「イオンスマホ電話サポート」、「イオンスマホセキュリティ」が含まれており、それぞれ個別にオプション契約するよりも200円お得な月額600円で加入することができるのです。

また、イオンモバイルだけの充実サポートとして、全国にあるイオン200店舗以上で故障時の修理受付などのアフターサービスが受けられます。

したがって、イオンモバイルでの契約後も、イオンに行くだけで簡単に相談したりサポートをお願いしたりできるようになっています。

まとめ

このように、イオンモバイルは料金が安いだけでなく、サポート体制も充実していて、お客様にとってとても有難いサービスを提供しているのです。